kotubann002

AKA療法とは

瀬戸市の接骨院「ひまわり接骨院」では、メインの施術法として「AKA療法」という手技を使用しています。

これは「ArthroKinematicApproach」(関節運動学的アプローチ)の略で、骨盤に2ヶ所ある仙腸関節という関節面を滑らせたり、回転、回旋などの関節包内運動をさせて、機能障害を改善させる手技になります。

[char no=1 char=”加藤院長”]ちょっと分かり難いですよね。 なのでこんなイメージをしてください。[/char]

kotuban001

[char no=1 char=”加藤院長”]ジャムのキャップを閉めようとしたら斜めにしまっちゃった・・・。でも「ぎゅっと」しまっちゃっている。[/char]

hikkakari
それを「緩めて」締め直す。

[char no=1 char=”加藤院長”]ちょっと乱暴な言い方ですがイメージとして捉えてくださいね[/char]

AKA療法は手技で関節機能異常を治すもので「離開法」「滑り法」「凹凸の法則」の3つで関節をわずかに動かして正常化させるものです。

難治の腰痛や肩こり、50肩、ゴルフ肘、テニス肘、膝関節の痛みなどもAKA療法によって痛みがとれた方がたくさんおられます。

痛いのに諦めて我慢している方、諦めずに一度、AKA療法をオススメします。

患者さんお喜びの声

今では日常生活では痛みもありません!

お客様52

坂井 達志さま H28年9月13日 更新

草刈り作業で腰が痛くなり通院しました。

数回の通院で痛みが解消して、かなり楽になりました。
今では日常生活では痛みもありません!

※)画像をクリックすると拡大します

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

access01