瀬戸市、尾張旭市、長久手市近郊で交通事故にあってしまった!

交通事故の施術で実際にリハビリに通いたいんだけど・・・

整形外科に通院した方がいいですか?

ここのところ、そんな質問をされることがあります。

もしかしたら、このページをご覧のあなたもそんな疑問があるかもしれませんね?

理想的な整形外科の通院方法

瀬戸市、尾張旭市、長久手市の接骨院、ひまわり接骨院では適切な整形外科の通院アドバイスをさせていただいています。

それでは、実際にどのように整形外科に通院すればいいんでしょうか。

交通事故後の整形外科通院の流れ

  1. 瀬戸市、尾張旭市、長久手市近郊で交通事故!

  2. 自分の保険会社にも連絡してください

    ここで、どこの整形外科に来院するかお伝えしてください。

  3. 整形外科に通院

    診断書を描いていただき警察に提出します。

健康保険証が原則使えませんので、一時的に現金が必要になるケースがあります。(最終的には戻ってきます)

[char no=1 char=”加藤院長”]ケースバイケースの場合もありますのでご不明な点があればご相談ください[/char]

交通事故後の整形外科通院のタイミング

瀬戸市、尾張旭市、長久手市近郊で交通事故を起こしてしまい、整形外科や接骨院、整骨院で通院することになります。

しかし、整形外科と接骨院、整骨院にどれくらいの頻度や割合で通えば良いのでしょう。

このあたりについてもよくご相談を受けることが多いです。

色々な交通事故の専門サイトを見ても色々難しくて結局よくわからないんです・・・・

なんてよく言われます。

結論からすると

通院回数は1ヶ月15回がベストです。

例1)整形外科の診察を月に2回。ひまわり接骨院でリバビリを13回

例2)整形外科の診察を月に1回。ひまわり接骨院でリハビリを14回

など。

これは慰謝料とも密接に関係してきます。

整形外科の通院やひまわり接骨院の通院。つまり通院に対して慰謝料が決まってしまう為です。
重要なのでこの件に関しては後述します。

次に大切なポイントは

連続性と継続性です。